タグ:¥1000~1499赤 ( 6 ) タグの人気記事

即席ロゼ

Domaine Maby Cote du Rhone Variations Blanc 2011+Rouge 2011

a0290602_0244897.jpg


今回はちょいと趣向を凝らした、とは言ってもある意味邪道?な楽しみ方。

ローヌの自然派ドメーヌの赤白。
完全有機栽培で、なんでも、あの、ロマネ、コン、ティ、と、同じ、農法だとか。
信じるか信じないかはあなた次第…。
いずれにしろ、そこまでこだわってつくられたワインが千円台ってのは世の中分からないもの。
両方買って同時に開ける。

まずは白から、グルナッシュ・ブラン70%、ピクプール30%.
淡いレモンイエロー、粘性はややある。
香りは、柑橘とはちみつ、メロン、ハーブ。
石灰、チョークを思わせるしっかりとしたミネラル。
硬質なミネラル感と、リッチな果実味とともに詰まった味わい。
後味に残るまろやかさに、14.5%というアルコール度数もうなずける、
和食に合いそう。

続いて赤。
グルナッシュ40%、ムールヴェードル35%、カリニャン20%、シラー5%。
若々しさ溢れる、紫おびたガーネット。
プルーンのような濃縮感溢れる香り。
フレッシュな果実感が強く、ピノを強力でややスパイシーにした感じ。
味わいは豊かな酸味とストレートな果実味を、コクがまろやかに包み込む感じ。
これもAlc.14.5%で余韻に相応の高いボリューム感と甘みも感じる。
脂の乗った豚肉、鶏肉とかに合いそう。


ここで私は考えたのだ。
せっかくの同じドメーヌ。
どちらもグルナッシュ主体で、度数も同じ。
こやつら、混ぜると危険…ではなく、美味しく変身するのではなかろうか。
てなわけで、白にちょびっと赤を混ぜてみた。
ほんのちょっとで、軽口の赤一歩手前くらいの、即席ロゼの出来上がり。
グラスをまわして呑んでみる…。

たららーたーらーららーたらーらららーらーらーらー

なんと言うことでしょう。
白ワインのフレッシュ感に、赤ワインがもたらす果実味とコクが見事にマッチし、
お互いの良い部分を引き出しつつ、美味しいロゼになったではありませんか。

濃さを調節しつつ、スーパーで買ってきた黒酢風味の酢豚とも相性ぴったり。
これはなかなかの発見だった。
二本で三度美味しい。
さらに、自分で濃さまで調整できる美味いロゼ。
1+1=3にも、4にもなる、そんな楽しみ方。

初めて言及するけども、筆者は未熟者ながらワイン販売の仕事に従事している。
すなわち、こやつらは週末に売るべく買って帰ったワインなのだ。
これは是非、接客販売で使えると思い、実際に試してみた。
結果はなかなか好評で、赤白セットで売ることができ、
次の週にはリピーターの方までいらっした。

こういう自由な発想で、新たな楽しみ方を提供するのも自分の仕事であるなと、改めて心得た。
生産者の思いとともにワインは瓶詰めされ、その間も熟成し、育っていくものではあるけれど、
それに対して、新たな価値を創造して上乗せすることが、
我々店頭販売に従事する者に与えられた使命であり、楽しみでもあるのだ。

なんだか熱くなってしまったが、
これもVINOだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-06-04 00:24 | ローヌ

弥生ピノ祭 ⑺ チリピノ

AROMO Winemaker's Selection Pinot Noir 2011

a0290602_23514160.jpg


なにげにチリワインは初登場なのだ。

a0290602_2351424.jpg


淡い色調のルビー。
最初、土っぽい少々むっとする香りが気になる。
時々感じるこの香りに自分はなぜか幼少の頃に田舎でやった栗拾いを思い出す。
腐葉土というか、栗の皮というか…。
このニュアンスは南米のワインに多い気もする。
その奥にピノらしいチェリーの香り。
でも知らなかったらピノとは思えないだろう。
コクと甘みの濃厚でどっしりとした味わい。
ブルゴーニュとはまるで別物。

価格から言うと十分なワイン。
でもピノ的な美味さを期待すると、うーむ…。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-03-23 23:50 | チリ

寒さに負けず

Ch. Landure AC Minervois 2007

a0290602_22351231.jpg


フランス・ラングドック地方のAOC、ミネルヴォワの自然派ワイン。
詳細は割愛するが、有機農法よりもう一歩進んだかなり徹底した自然栽培のワインらしい。
シラー40%、グルナッシュ30%、ムールヴェードル20%、カリニャン10%。
Alc.14%。

a0290602_22351413.jpg


色はやや黒みを帯びたガーネット。

ブラックベリーとスパイス、メントールやなめし革、大豆のような香りも。
味わいは酸が豊かで苦みとコクもあり、深みがある。

つまみにはハード系のこってりしたチーズが合いそう。

二日目が驚くほど美味かった。
酸は丸みを帯び、香りも深みを増していた。

この価格では結構なハイパフォーマンスだと思う、
自分のコンディションがいまいちなのが悔やまれる。
それでも二日目は特に口当たりも優しく深みがあり、一気に飲み干した。

今日の気候同様、懐も冷えきった我が身にゃ、ラングドックは見逃せない地域なのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-25 22:31 | ラングドック

ポーチュガル

Vega DOC Douro 2009
a0290602_2336082.jpg


ついに来ました、ポーチュガルのワイン。
個人的に結構好みというか、
今まで飲んできた中で外れが最も少ないと言っても過言ではない国。
この銘柄はまだワインもあまり知らない一年半くらい前に飲んで美味かった記憶を頼りに久々に購入。
あの頃の自分の舌は間違ってなかったのだろうか?

ポートワインの産地、DOC Porto(ポルト) と同地域、ポルトガル北部を東西に流れるドウロ河上流の生産地、Douroの赤ワイン。この地区では赤と白、両方作られている。
土着品種であるトゥーリガ・フランカ、ティンタ・ロリス、トゥーリガ・ナショナルのブレンド。
ティンタ・ロリスはテンプラニーリョのシノニム。アラゴネスとも呼ばれる。
余談だが、ポルトガルの葡萄は名前がかっこ良くてなんとなく好きだ。
漫画の技名やサッカークラブの名称っぽいとこがある。

それら土着品種をアメリカ、フランス、ポルトガルと各国のオーク樽で熟成したワイン。

a0290602_2336190.jpg


色はやや濃いめのガーネット。
ブラックベリーやオリーブ、干しぶどう、土など、複雑な香り。
酸はとてもスムーズで、香り同様、複雑味のある余韻が長く続く。
コクと甘みが感じられ、口にしてから時間が経つほど広がってくる、土台のしっかりした味わい。
和の精神に通じるかのような、土地に根ざしつつも主張は強すぎず、でもヒト癖あるワイン。
それが今のところ自分が感じるポーチュガルの良さかな。

ベルキューブはハム○、オリーブ○、トマト◎。
一旦栓をして明日にまわそうと思ったが我慢できずにもう一杯。
一年半前の自分は間違ってなかった、やっぱ美味い。
コスパ高し。恐るべきポーチュガル、なのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-17 01:00 | ポルトガル

ラフィットの元醸造長

Chateau D'Angles Classique rouge 2009

a0290602_119019.jpg


シャトー・ラフィットの元醸造長、エリック・ファーブルが有機農法を取り入れてラングドックのグランクリュと名高いLa Clape(ラ・クラープ)にて造るワイン、とのこと。
La ClapeはAOCラングドックの後ろに付記できる15コミューンのひとつのようだ。
地図で見ると地中海沿岸、ルーション地方寄り。

シラー50%、グルナッシュ30%、ムールヴェードル20%
私好みのノンフィルター。

黒みを帯びた紫、色調は濃い。
香りの第一印象はスパイシーで黒胡椒、黒オリーブ、鉛のような鉄分の要素もある。
味わいはなめらかな渋みと中程度の酸でバランスが良い。
凝縮した味わいながら強すぎない柔らかさも兼備した感じである。
価格から見てもなかなかよくできたワインだと思った。

ラフィットの元醸造長さすがっす。
いつかほんまもんのラフィット飲んでみたいっす。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-25 01:46 | ラングドック

やっぱし安旨

Santa Duc Heritage 2011

a0290602_21944100.jpg


百貨店のワイン売り場にて、個人的に好みのイタリアのアマローネと同じく、葡萄を陰干しして造った濃厚なワイン、という説明を受けて購入。

グルナッシュ主体。エッジに濃い紫色。粘性は強め。香りも紫色のイメージ。スパイシーかと思いきや甘い香りでまとまっているように感じる…。味わいは製法の通り干し葡萄。若々しくも葡萄の凝縮感がたまらない。口中を乾かす渋みと、甘酸っぱい余韻がバランス良く残る。2日目もフレッシュかつどっしりした味わいは変わらず。

あとから調べてみたら神の雫12巻に安旨ワインとして登場していた。なるほどなるほど。

お値段的にも濃厚ワイン好きにはたまらん。
これはリピーターになるかも。

a0290602_2194217.jpg

[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-18 01:53 | ローヌ