ミッシェル・グラシア

先週末は珍しく二日連続休肝日をとった。
そんな土曜の早朝、ふと目が覚めた瞬間、
ゴッと音がして家がガタガタ揺れだした。
いつ激しい揺れに変わるかと身構えながら、
じっとしておくしかなかった。

幸い、窓辺に並べたワインボトルのコレクションも、
棚のワイングラスも無事だった。

でもいざというときに備えて、非常グッズくらいは準備しておかねばと実感したのだ。
そのセットの中には、一本、いや、二本くらいワインを入れておこうかな、重いけど。

きっとその二本のうちの一本は、ボルドーならばサン・テミリオン。
それくらいこの地区のワインには信頼感がある。

De Nerville Gracia 2009

a0290602_1315396.jpg


サンテミリオンで近年増えているガレージ・ワイン(格付け外でも高品質な少量生産ワイン)。
その中でも最上と言われるシャトー・グラシアのサードワイン。
オーナーのミッシェル・グラシア氏の本職は歴史的建造物の修復で、
有名シャトーの修復も手掛けており、その縁で大物オーナーたちと親交を持つようになり、
ついには自分でワイン造りを始めてしまったのだという。
なんともいかしたストーリーである。

サードワインといえど値は張る、
ドタバタで疲れた身体を癒すべく、心して開栓。

メルロ主体で、カベソとカベフラも少々入っているよう。
Alc.14%

a0290602_1315556.jpg


赤紫を帯びたガーネット
粘性やや強め
カシス、バニラの甘い香りと燻した葉やメンソールタバコのような清涼感もあり。
アタックは中程度でとてもまろやか
柔和な酸、シルキーなタンニン
サンテミリオン好きである理由のひとつ、コクもたっぷり
滑らかな余韻が長く続く。
口の中を引く波のように潤しつつ均してくれるイメージ

緻密な舌触りが、鶏肉なんかのぷりっとした歯ごたえに合いそう。

いつか、グラシア、呑んでみてぇー!のだ。
[PR]

# by CH_UZMAN | 2013-04-15 13:01 | ボルドー

ミッシェル・ロラン

Chateau Fontenil 2009

a0290602_1858395.jpg


週末の春の嵐により、ワインで花見をする暇もなく、桜は一気に散ってしまったな。
そろそろ濃厚なやつが飲みたくなってきたのだ。
久々のボルドー。
醸造コンサルタント、ミッシェル・ロランの所有するシャトー。
なんでも1986年創設で、自分と同い年のシャトーとのことで勝手に親近感。

ボルドー右岸フロンサック地区。
今まで何度か飲んだことがあり、この地区のメルローは期待値高し。

メルロー95%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%
Alc.14%

a0290602_1858409.jpg


やや赤み帯びた濃いガーネット。
カシス、ブルーベリー、湿った土とほんのりバニラの香り。
酸味とタンニンはどちらも柔らかで豊富な果実味を包み込むよう。
メルローらしいふくよかなコクとほろ苦い余韻が美味。

先月はピノ一辺倒だったので、久々にボリュームたっぷりなワインを飲んだ充足感を味わえた。
[PR]

# by CH_UZMAN | 2013-04-08 18:55 | ボルドー

卯月なのだ。

Marengo Piemonte DOC Cortese Frizzante

a0290602_11565829.jpg


はるなのだ。
ますますワインが美味しくなる季節だ。
世間は新年度の始まりの月曜日。
にもかかわらず仕事柄休日。
そんな私は昼から食事のお供にワインなのだ。

この前呑んだGAVIの品種であるコルテーゼの微発泡性ワイン。
珍しさとおもろい顔にも惹かれて購入。
Frizzante(フリッツァンテ)と言うのはイタリア語で微発砲の意味。
イタリアに行った時に、初めてスーパーでミネラルウォーターを買おうとして、
Natulare(炭酸なし)とFrizzante(炭酸入り)の意味を知らず、
一か八かでFrizzanteを買ってしまい、外したーという思い出がある。
初めて飲むFrizzanteのミネラルウォーターは、口の中でぷちぷちとして不思議な感覚を味わった。

a0290602_1157089.jpg


薄く淡い麦わら色。
香りはミント、トースト、微かにミネラル、とても爽やかな印象。
口に含むとピリピリとした心地よい微炭酸が舌を刺激する。
とても軽口でゴクゴク飲んでしまえる。
暖かい日には持ってこいのフレッシュ感。
アルコールも10.5%とやや低め。
ランチにサンドイッチなんかと一緒に外で飲んだら気持ちいいだろうな。

ミネラルウォーター感覚のさっぱり系。
炭酸が抜ける前に飲まねば。
[PR]

# by CH_UZMAN | 2013-04-01 11:56 | イタリア

弥生ピノ祭 ⑼ アルザスピノ

Dopp & Irion Pinot Noir Rouge 2010

a0290602_0525952.jpg


以前ミュスカを呑んだことのあるアルザス、ドップ&イリオン。
ピノがあったので呑んでみた。
アルザスといえば白のイメージだが、ピノもあるんだね。
単一品種での醸造が多いアルザスならではのピノ。

a0290602_05317.jpg


透明感のある淡いルビー
シュペートブルグンダーに近い薄い色調。
イチゴ、フランボワーズのほんのりとした甘い香り
少し化粧品っぽさもある。
味わいは軽口で控えめ。
優しい感じは好きだけど、ちょっともの足りんかな。

そろそろ濃いめの赤が恋しくなってきたのだ。
[PR]

# by CH_UZMAN | 2013-03-30 00:51 | アルザス

弥生ピノ祭⑻ カリピノ

Cellar No.8 Pinot Noir 2010

a0290602_0181359.jpg


初登場のアメリカワイン、カリフォルニアのピノ。

a0290602_0181447.jpg


淡いルビー、粘性はやや高め。
チェリー、イチゴ、バニラの甘い香り
バニラのニュアンスはカリピノにはつきものらしい。
円みのある穏やかな酸
シロップのような分かり易い甘み
濃すぎずさっぱりめで、とても呑みやすいワイン。
[PR]

# by CH_UZMAN | 2013-03-29 00:14 | アメリカ