故郷にて、福岡の大吟醸、Mala Vida。

大吟醸 極醸 喜多屋
a0290602_04091742.jpg
インターナショナル・ワイン・コンクール2013日本酒部門第一位。
日本酒世界一の称号を手にした一本を、お盆に帰省した実家で味わう。
贈り物とのことだが、父親はもっぱらビールか焼酎なので、ほぼ頂戴する格好。

アルコール16度以上17度未満
福岡県糸島産山田錦100%使用 精米歩合35%
仕込み水 矢部川水系伏流水(中硬水)

爽やかさを感じさせつつも、フルーティーで甘みのある優雅な香り。
すっきり淡麗と思いきや、コクとまるみが後からしっかり感じられる。
舌を掴み口中にまとわりつく深い余韻は、
つまみもなしにただただ浸りたくなる。
酒だけでいける一本。

もう一本極上の酒を。
何と木箱入り。
大吟醸 原酒 筑紫野 大賀酒造
a0290602_04292575.jpg
一本目で良い気分だったので残念ながら良く覚えてないが、
より濃厚、大吟醸の旨味たっぷりという感じ。
見掛けからしていいお酒。値段も調べてびっくり。
こんな簡単に開けて良かったのだろうか…。
またどこかで飲みたいねぇ。


ちなみに外でワインも飲みました。
高校時代の友人たちと楽しく楽しく。
Mala Vida 2012
a0290602_04520483.jpg
銘柄名は直訳すると“悪い人生”。
そんな人生もコイツで楽しくやりましょうってな、遊び心のあるワイン。
気軽さもありつつ、なかなか濃厚で、良い気分で飲めた。
青春時代を思い出しつつ、これからいろいろあるけどお互い楽しもうぜ、
そんな同窓会的な空気にぴったりのワインだったかもしれない。

モナストレル30%
テンプラニーリョ30%
カベソ30%
シラー10%

実家でしっかり羽を伸ばしたし、また美味しい酒を探して頑張るのだ。




[PR]

by CH_UZMAN | 2014-08-20 03:58 | 日本酒