大器晩成と呼ばれたい

Cune Imperial Reserva 2005

a0290602_229159.jpg


1863年〜19世紀末、フランス・ボルドーでのフィロキセラ害により生産者が流れ込み技術導入され銘醸地となった、スペイン北部、リオハ最古のワイナリー、創業1879年。
リオハの中でも熟成向きの上質なワインを生むリオハ・アルタ(アルタ=フランス語でHaut:上の意)内。

インペリアルの名を冠したボトルからも風格漂い、思わず購入した次第。

テンプラニーリョ85%、グラシアーノ10%、マスエロ5%。
Reserva(レセルバ)は容量上限330ℓの樽で一年以上、瓶詰め後さらに二年以上、計三年以上熟成させた、いわゆる高級ワイン。
さらに熟成期間の長いGran Reservaもあるが、ワインが樽の香りに負けてしまうため、近年少ないそう。

淵に赤みをおびたやや濃い目のガーネット。粘性はやや強め。
香りはしっかりと感じられる。
湿った土、黒系果実(カシス、ブラックベリー)の香り、
フルーティな第一アロマに加えて、バタートースト、バニラ香を強く感じる。
樽香、バニラ香や動物臭がテンプラニーリョの香りの特徴らしい。
湿った土の香りは動物臭とも受け取れるかもしれない。
羊肉系の、やや癖のある香りかな。

味わいはバランスとしてはやや強めながら柔らかな酸と、丸みのあるタンニン。
果実味がぎゅっと凝縮されながらも開放された明るさを感じる味わい。
こりゃ旨い。

味の濃い肉料理よりも、ややさっぱりしたフルーティーな味付けの料理に合う気もする。
テンプラニーリョというとなぜか粉ものが合う気がして、たこ焼きと一緒に飲んでみたら、悪くない。
焼き鳥(たれ)なんかにも合う気がする。
ジンギスカンとか合わせてみたいな。

20年は熟成するというほどかなりのポテンシャルを持ったワインらしく、
もう一本買って寝かせてみようか、要検討。
その頃にはもっと良い料理と合わせられますように。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-30 03:09 | スペイン

ラフィットの元醸造長

Chateau D'Angles Classique rouge 2009

a0290602_119019.jpg


シャトー・ラフィットの元醸造長、エリック・ファーブルが有機農法を取り入れてラングドックのグランクリュと名高いLa Clape(ラ・クラープ)にて造るワイン、とのこと。
La ClapeはAOCラングドックの後ろに付記できる15コミューンのひとつのようだ。
地図で見ると地中海沿岸、ルーション地方寄り。

シラー50%、グルナッシュ30%、ムールヴェードル20%
私好みのノンフィルター。

黒みを帯びた紫、色調は濃い。
香りの第一印象はスパイシーで黒胡椒、黒オリーブ、鉛のような鉄分の要素もある。
味わいはなめらかな渋みと中程度の酸でバランスが良い。
凝縮した味わいながら強すぎない柔らかさも兼備した感じである。
価格から見てもなかなかよくできたワインだと思った。

ラフィットの元醸造長さすがっす。
いつかほんまもんのラフィット飲んでみたいっす。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-25 01:46 | ラングドック

ロワールのカベルネ・フラン

La Cabriole Saumur Champigny 2010

a0290602_2215518.jpg


フランス北部ロワール地方
AOCソーミュール・シャンピニー
カベルネ・フラン主体の赤のみのアペラシオン。
…なぞと真面目腐って書くのは、ロワールが勉強不足の地域だから。
言うてもほとんど全部、勉強不足であることは間違いないけどもね、試験落ちたし。
…ってネガティブになってちゃあかんのだ。
勉強勉強、なのだ。

紫色を帯びた若々しく濃いめのガーネット。
青さ、緑を連想させる清涼感のある香り。
要素としてはピーマン、カシスなどの黒系果実、ブラックオリーブ。

味わいはフルーティ、酸は豊かで円みがある。
タンニンはシルキーで流れるよう。
刺激は少なく伸びやかな味わい。
ヴェジタルでフレッシュ。
アルコールも控えめに感じる。

開けたてですぐおいしい感じ。
新緑の野原でみんなと飲みたい、みんなって誰やねん。

時間が経ったらどうかなぁ…。
ぐいぐい一本空けてしまうほどのボリューム感はないので、
ひとまずヴァキュヴァンして様子をみるとする。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-24 02:37 | ロワール

やっぱし安旨

Santa Duc Heritage 2011

a0290602_21944100.jpg


百貨店のワイン売り場にて、個人的に好みのイタリアのアマローネと同じく、葡萄を陰干しして造った濃厚なワイン、という説明を受けて購入。

グルナッシュ主体。エッジに濃い紫色。粘性は強め。香りも紫色のイメージ。スパイシーかと思いきや甘い香りでまとまっているように感じる…。味わいは製法の通り干し葡萄。若々しくも葡萄の凝縮感がたまらない。口中を乾かす渋みと、甘酸っぱい余韻がバランス良く残る。2日目もフレッシュかつどっしりした味わいは変わらず。

あとから調べてみたら神の雫12巻に安旨ワインとして登場していた。なるほどなるほど。

お値段的にも濃厚ワイン好きにはたまらん。
これはリピーターになるかも。

a0290602_2194217.jpg

[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-18 01:53 | ローヌ

癒やしておくれ

Domaine Perrot Minot Bourgogne rouge 2010

a0290602_2571048.jpg


二次試験、落ちてた。
自分のテイスティングセンスのなさを痛感する結果に、かなり凹んだ。
また来年に向けて鍛え直すしかあるまい。

慰みを求めて開けたペロミノブルゴーニュ。
ただものでなさを感じさせる、なかなかのお値段。

ほんのりピンクを帯びた淡いルビー。
木イチゴ、赤系果実の豊かな香りに土っぽさが少々。グラスから広がる香りにすでに良い気分。酸も柔らかく、タンニンは細かで口の中でふくらみを感じる味わい。気がつくとボトルも残り僅かになってた。上位キュヴェも飲んでみたいものだ。

落ち込んだときや、疲れてるときは、優しい優しい、ブルゴーニュに限るね。

ちょっと元気が出てきました。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-13 00:34 | ブルゴーニュ