カテゴリ:ロワール( 2 )

ピュイ姫

Gill Chollet Poully Fume 2011
ジル・ショレ プイィ・フュメ

毎度、下らぬタイトル、あいすみません。
年明けからの倦怠感を理由に最近はフランスの白ワイン産地巡りとなっているのだが、
そろそろ赤も解禁しようかなと思い始めているところ。
その前に飲んでおきたかったのがソーヴィニヨン・ブランから作られるロワールの辛口白、プイィ・フュメ。

a0290602_1401830.jpg


ロワールワインもほぼ未開。
前にカベルネ・フランのソミュール・シャンピニー(赤のみのAOC)を飲んで以来である。

プイィ・フュメはロワール河上流のサントル・ニヴェルネ地区に属する、白ワインのみのAOC。
ロワール河の右岸(上流からみて)に位置し大陸性気候。
同地域にプイィ・シュル・ロワール(Chasselas シャスラ100%の白)も存在する。
対岸の左岸には同じくソーヴィニヨン・ブランの白で有名なサン・セールがある。サン・セールでは、少量ではあるが赤、ロゼも生産されている。

さて、勉強したところで、早速飲むのだ。

淡いイエローで粘性は中程度。
柑橘やはちみつの豊かな香りに、グラスをまわすと、そら豆を思わせる緑の香り。
ソーブラの特徴としてグリーンアスパラが用いられるようだが、個人的に思い出したのはそら豆。
それから夏の河原の石と例えたいような、ミネラル。
口にすると思ったよりぐっとくる強めのアタック。
酸味と搾った柚子のような濃厚な果実味とやさしめの苦み。
柑橘類の内皮を食べたような青臭さを伴い、後味はちょっとぴりぴりくる。
薄めの白ワイン続きで、舌も少しは繊細になってきたかな。

スーパーで安売りのにぎり鮨と合わせて。
とてもさわやかでそれなりにボリュームもあり、飽きない。
美味しいワインだったのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-31 23:37 | ロワール

ロワールのカベルネ・フラン

La Cabriole Saumur Champigny 2010

a0290602_2215518.jpg


フランス北部ロワール地方
AOCソーミュール・シャンピニー
カベルネ・フラン主体の赤のみのアペラシオン。
…なぞと真面目腐って書くのは、ロワールが勉強不足の地域だから。
言うてもほとんど全部、勉強不足であることは間違いないけどもね、試験落ちたし。
…ってネガティブになってちゃあかんのだ。
勉強勉強、なのだ。

紫色を帯びた若々しく濃いめのガーネット。
青さ、緑を連想させる清涼感のある香り。
要素としてはピーマン、カシスなどの黒系果実、ブラックオリーブ。

味わいはフルーティ、酸は豊かで円みがある。
タンニンはシルキーで流れるよう。
刺激は少なく伸びやかな味わい。
ヴェジタルでフレッシュ。
アルコールも控えめに感じる。

開けたてですぐおいしい感じ。
新緑の野原でみんなと飲みたい、みんなって誰やねん。

時間が経ったらどうかなぁ…。
ぐいぐい一本空けてしまうほどのボリューム感はないので、
ひとまずヴァキュヴァンして様子をみるとする。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-24 02:37 | ロワール