どさくさに紛れてClos de Vougeot

10分後に取りに来ますと、テイクアウトでハンバーガーを頼んだ。
近くのスーパーで、今年初のとれたてホップを発見。
これは買うてまうやろー!
心の中で絶叫した。6缶P購入。
西の方角がちょっと恋しいなあなんて考え事をしてたら、
ハンバーガー受け取るのを忘れたまアパートへ着き、郵便受けを開けてみる。空っぽ。
部屋に戻り、荷物を置いてビールを開けようとした瞬間、何かが足りないことに気づく。
何もなかったように、荷物を持ち直してバーガー店へ。
店員さん、入り口まで駆け寄ってくれた。

新天地で、もうはや一ヶ月。
最近はこんな感じでございます。
未だ、馴染めておりませぬ。
a0290602_237292.jpg
とれたてホップ、すっかり秋なのに、春を感じる香り。
全く秋らしくないパッケージデザインも、爽やかに尖ってて好き。
そしてなにより、期間限定に弱いのだ。

ほんで、どさくさに紛れて、いいワイン。
ジェラール・ラフェのクロヴジョ2006。
ちょい吹いているようで心配だったが、
抜栓して香りをチェック…
なんの、いけそうですがな。
抜けてる感じがしないでもないが、
複雑さを残して、落ち着き始めた感じ。
タンニンもしっかり、酸も程よく、
1時間半後くらいから甘みが出て来てピーク。
明日には期待できない感じなので、一気に一本開けてしまった。
ラフェってBRGルージュだとただ酸っぱいイメージだったけど、
少し前に飲んだジュブシャン然り、村名ものはやはりほんまものだな。
もっと飲まねば、ほんまもの。
a0290602_237374.jpg

[PR]

by CH_UZMAN | 2014-10-28 23:06 | ブルゴーニュ

弥生ピノ祭 ⑹

Harmand Geoffroy Bourgogne Rouge 2010

a0290602_1521092.jpg


リュット・レゾネ(減農薬)のこだわりブルゴーニュ。

a0290602_152116.jpg


輝きのあるルビーレッド。
チェリー、プラムの豊かな香り、バニラや木のニュアンスも感じられる。
とてもなめらかな舌触りの優しいアタック。
ベルベットという言葉がぴったり。
酸はふくよかで、タンニンは穏やかでシルキー。
甘く心地よい余韻が続く。
肌触りの良い洋服を着ているような気分。

これは間違いなく美味いのだ。

こうなりゃここのジュヴシャンも俄然気になってくるわい。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-03-19 00:36 | ブルゴーニュ

弥生ピノ祭 ⑷ 二度目の参上

Billard Gonnet Bourgogne Pinot Noir 2009

ピノピノと言いつつも、ブルゴーニュ祭の様相を呈してきたここ最近のセレクト。
以前お疲れモードの時に呑んでややきつい印象のあった一本だが、今度はどうか。

a0290602_19303774.jpg


コート・ドール県南部、コート・ド・ボーヌの中部に位置するポマールのドメーヌが作るブルゴーニュ。勉強がてら書いておくと、ポマールは北にボーヌ、南にヴォルネイという二つの村に挟まれている。フランスでも最も早くアペラシオンを獲得し、ポマールの村の名前でワインが取引されていたという。ブルゴーニュの典型的なワイン生産村の町並みを残しており、集落を扇状地に密集させ、ブドウ栽培に適した土壌をなるべく畑に割り当てるようにしている。んーまさしくワイン村、行ってみとうございまする。


a0290602_19303972.jpg


色調はやや淡いルビー
チェリーやブルーベリーの香り
紫色の花の香り、フローラルな印象
豊かな酸とピノにしてはしっかりめなタンニン
頼りがいのある男性的な感じ。
ちょい堅物でタフなスポーツマンブルゴーニュ。

バキュフレッシュで2、3日置いてからゆっくり呑むうちに、
角がとれたのか愛嬌が出てきて、最後は一気に空けてしまった。

ピノ祭、まだまだ続く…(多分)のだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-03-12 19:29 | ブルゴーニュ

弥生ピノ祭 ⑶ ムルソーは赤も作る

Alain Patriarche Bourgogne Rouge la Monatine 2009

a0290602_19425028.jpg


白ワインで有名なコート・ド・ボーヌ地区、ムルソー村の生産者。
表記のアペラシオンはBourgogne。
ムルソーでは赤白ともに生産が認められ、わずか2%ほどだが、赤ワインも生産されている。

以前ここのブルゴーニュ白を呑んで美味かったのだが、赤はいかなるものか。

a0290602_19425247.jpg


透き通った淡いルビー。
プラム、ドライイチジク、フローラルなニュアンス、赤いバラ。
豊かな酸味と果実味の強めのアタック。
タンニンは適度に感じる。
酸が苦手な自分には少々きつい。
二日目、空けてみると酸は和らぎ、呑みやすくなっていた。

主張がなかなか激しいが、食事には合わせやすく、
スーパーで買ったレバーの柔らか煮(甘辛)やらチキンに良く合った。

でも、ワイン単体では刺激が強くなかなか進まない。
ピノ自体に飽きてきたのか?
いやいやまだまだ、祭りは始まったばかりなのだ。

快活で皆を盛り上げてくれる、でも二人きりになると疲れるタイプ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-03-07 19:40 | ブルゴーニュ

弥生ピノ祭 ⑴ マルサネの女

久しぶりの更新。

ぼちぼち昼間には陽の光もぽっかぽっか、
もうすぐはぁるですねぇ〜と口ずさんでしまいそうな3月。
個人的にはピノ・ノワールの季節なのだ。

ってことで今月はピノ祭りじゃ。
まずは王道、ブルゴーニュ。
コート・ドール(黄金の丘)最北の村、マルサネのドメーヌが出すBourgogne。
村名マルサネを冠すキュヴェもあるようだが、後々のお楽しみとして、コイツから呑むとする。

Jean Fournier Bourgogne Rouge 2011

a0290602_176518.jpg


なんでも17世紀に始まったマルサネの中でも最も古いドメーヌのひとつ。
マルサネとジュヴシャンに最良のテロワールの畑をお持ちだとか。
すべての畑が2008年より有機AB認証がついた、自然派。
白と有名なマルサネ・ロゼも生産している。

a0290602_1765170.jpg


外観は紫を帯びたルビー。やや粘性がある。
若々しいラズベリーにチェリー、キウイっぽい酸を思わせる香り、ちょっと腐葉土。
果実の甘みとともに感じる酸は明快。
程よく柔らかで渋みも少なく、呑みやすい。
終日働いた疲れを爽やかに癒してくれた。
久々のピノは期待通り、美味しい。
タイプというわけじゃないけどなぜだか堀北真希を思い出した。
ほろよいだからか?
黒髪の清純派ピノ・ノワール。

ピノが好きなのだ。
改めて気づいた。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-03-03 23:30 | ブルゴーニュ

疲れたときの…

Billard Gonnet Bourgogne Pinot Noir 2009

a0290602_13463648.jpg


仕事やら何やらで心身ともに疲れているとき、飲みたくなるのがブルゴーニュ。
Alc.12.5%

やや淡いルビー
プラム、ブルーベリー、湿った土、枯葉

豊かな酸と軽すぎない適度なタンニン。
飲み進めると、やや余韻のボリューム感に物足りなさも感じる。

疲れた身には酸とタンニンが少々刺々しかった。
寒さで温度が低すぎたのかな?

また元気なときに飲むと違うかもしれない。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-12-20 23:45 | ブルゴーニュ

癒やしておくれ

Domaine Perrot Minot Bourgogne rouge 2010

a0290602_2571048.jpg


二次試験、落ちてた。
自分のテイスティングセンスのなさを痛感する結果に、かなり凹んだ。
また来年に向けて鍛え直すしかあるまい。

慰みを求めて開けたペロミノブルゴーニュ。
ただものでなさを感じさせる、なかなかのお値段。

ほんのりピンクを帯びた淡いルビー。
木イチゴ、赤系果実の豊かな香りに土っぽさが少々。グラスから広がる香りにすでに良い気分。酸も柔らかく、タンニンは細かで口の中でふくらみを感じる味わい。気がつくとボトルも残り僅かになってた。上位キュヴェも飲んでみたいものだ。

落ち込んだときや、疲れてるときは、優しい優しい、ブルゴーニュに限るね。

ちょっと元気が出てきました。
[PR]

by CH_UZMAN | 2012-10-13 00:34 | ブルゴーニュ