世界一のビール

久々なのにビールなのだ。
まぁ、更新してない間もこれでもかと言うくらいワインは飲んでたのだがね。
その間に一気に暑くなり、そろそろ白ワインが増えてきそう。

今日は気分転換にイタリアのビールが飲みたくて酒売場を回っていたところ、
“世界一のビール”“入手困難、幻のビール”なるキャッチフレーズで目にとまったイタリアのビール。

Menabrea
a0290602_22431992.jpg


名前は知ってた。
でもイタリア行った時はモレッティ、ペローニくらいしか飲んでない。
メナブレアはイタリアでも入手困難だという。
こんなに簡単に手に入ってええのん?
まあ何はともあれ開栓。

a0290602_22432296.jpg


泡立ちはきめ細かく、長くは残らない。
綺麗な黄金色。
ピルスナータイプ??
爽やかさと、ほんのり甘いバニラのような香りも。
口に含むと舌の前半分にぴりっとスパイシーな感覚。
繊細な泡の感触。
キレがあって、クリア。ええ水使ってまっせ。
良い具合の香ばしさで、苦みは残らない。

のみやすくって、深みもある。
世界一?うーん、どうでしょう?
でも、美味しいのは確かなのだ。
次は是非、イタリア料理とともに。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-05-27 22:37 | ビール

またまたBeerだ。

Rochefort 10
ロシュフォール10
a0290602_1365183.jpg


我ながらまたビールか…。
この調子だとブログタイトルも“これでBEERだ”になってしまうわ。ほんでなんも掛かってないやんけ。

最近体調が思わしくなく、あまりワインを深く味わえるコンディションでない為、悪しからず。
こんなときでも、仕事後の麦酒は美味い。

この前飲んだ銘柄のNo.10。

改めて調べてみると(Wiki参照)、ロシュフォールとはベルギー、ナミュール州に位置する町名のようだ。
その小さな町にあるサン=レミ修道院で、1595年からそれまでの農業に加えて、ビールの醸造が始められたらしい。400年以上もある由緒正しきビールなり。
それにしても、修道院の経営の為にビールを造る、それって宗教観とかに反しないのかな?
どういった経緯で修道院でビールが造られ始めたのか、興味があるのでまた調べてみたい。

a0290602_1365277.jpg


色はほぼ黒、色だけ見たらコーラ。
ただ見ての通り、もくもくと溢れんばかりの泡立ち。

香りは最初ビターで、そのあとフルーティかつクリーミー。

味わいはピリピリとスパイシーな口当たり。
後味はやさしい苦味の他は意外にあっさり。色黒なのに意外と草食系なのね?って感じ。

しかし飲み進むと口の中に蓄積して行く香ばしさがなんとも心地よい余韻を生み出す。

アルコール度数はなんと11.3%。
No.8(約9%)よりもかなり高い、もはやスパークリングワイン。

色黒だけどあっさり、でも実はとてつもなくパワフル。

とにかく、飲み応えのあるビールなのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-24 23:55 | ビール

禁断のビール

Hoegaarden Le Fruit Defendu

My favoriteなベルギービール、その名も“禁断の果実”。

a0290602_22475230.jpg


ラベルは『フランダースの犬』でネロとパトラッシュが見に行った絵画でお馴染みの画家、ルーベンスによる“アダムとイブ”がモチーフとなっていて、二人がグラスでビールを飲んでいるというなんとも洒脱なデザイン。これだけで惹かれてしまう。

a0290602_22475085.jpg


黒ビールに近い濃色で、グラスに注ぐと泡立ちがとても良い。酵母が生きてる感じ。
香りはリンゴのようなフルーティーさとスパイス、それにヨーグルトのような、コクと旨味を予感させる香りも内包している。
コリアンダーやオレンジピールといったスパイスがうまく生きている。
味わいはしっかりフルボディでとにかく旨い。ビターチョコのような余韻がたまらなく癖になる。

Alc.8.5%とやや高め。ベルギービールはもはやビールというジャンルを超えて、ワインのようにゆっくり飲める銘柄が多い。

容量を踏まえると、値段は張るが、それだけの価値はある、今のところ一番お気に入りのベルギービールなのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-21 22:24 | ビール

ビールについても書くのだ。

Trappistes Rochefort 8
ロシュフォール8

a0290602_043437.jpg


ベルギー発祥のトラピストと呼ばれる上面発酵タイプのビール。修道院でつくられていたというのがこのトラピストの特徴。

色はこんな感じでダークブラウン
a0290602_043573.jpg


Alc.9.2%とビールにしてはかなり高め。最初の一杯にしては強すぎる気もする。

香りはとてもフルーティで甘い感じ
ちびっと口に含むだけで、しっかりとした苦味と香ばしい旨味が口の中いっぱいに広がる。

じつに美味い。
カフェ気分でゆっくり飲みたいビール。

個性豊かなベルギービールの世界も奥が深くて興味深いのだ。
[PR]

by CH_UZMAN | 2013-01-16 23:50 | ビール