Covides Duc de foix Cabernet Sauvignon 2012

すっかり、ワインが美味い季節になりました。
拙宅マンション屋上からの景色も、この通り。

a0290602_2117137.jpg


住んでるのは限りなく地上に近い部屋ですが、天気の良い日はこの風景を拝んで出勤しております。
朝から晩まで百貨店の地下にいて、帰宅後、緊張から僅かながら解かれ、まだどこか住み慣れぬ部屋にて晩酌しているうち、電気をつけたまま気絶。そんな毎日が続いておりますが、負けずにやったるでと、日本一の富士山を望み誓う日々。

そんな富士を思わせるブルーなエチケットのワイン。

a0290602_2117038.jpg
スペインのカベソってあんまりないのかな、どうだろう?
やはりテンプラニーリョのイメージが強い。
テキストぺらっとめくってみれば、カベソは黒ブドウで6位(2007年)みたいね、まぁ…そこそこ。
産地はPenedesとあるが…ピンとこない。
Cavaの生産地として有名ね、そうなのね。
70年代から近代化が進み、モダンなワインが造られ始め、国際品種も植えられている…と。

色調は赤紫っぽい、濃いめのガーネット。粘性高し。
カシス、黒スグリに、ピーマン、セロリ、青ネギ…カベソ特有の香り。
そういやカベソ100%はご無沙汰だった、というよりワイン自体あまり飲んでなかったな(苦笑)
このカベソ感、なんか原点回帰って感じで、犬のようにくんくん嗅ぐ。
黒胡椒に青っぽさが伴い青胡椒、カカオ、ウーロン茶葉…。
酸は豊かで、余韻は熟したプラム、軽くシロップに漬けたようなちょい甘みのある果実。
タンニンは滑らかで、果実味を引き立てつつ、後から口中を乾かすようにじわじわと広がり重なってくる。
重すぎず、程よい渋みで気軽さがあり、飲むごとに満足した気持ちへと向かえる感じ。

当てずっぽうで同価格帯の左岸ボルドー飲むよりは、こいつを飲みんちゃい。

[PR]

by CH_UZMAN | 2014-10-20 21:09 | スペイン